最初から読んでみた

あの、メーガンとハリーのオプラ・インタビュー、、、最初からもう一度読み返してみました。
なんか腑に落ちないから。
ちゃんと英文で読んでみようと思ったのです。
そして、やっぱり行き着いたところ、、、メーガン、、あなたは間違っている、、、でした。
もう誰もがわかっているよね。
どこかおかしい。
キャサリン妃に嫉妬してた、同じように扱われないのが嫌だった、と噂されているけど、そう思って読むと合点が行くことばかり。
人種差別と結びつけて世間の同情を買いたかったけど、嘘ばかりがバレて結果は見ての通り。
ただ、若者層や、アメリカ人からは賞賛されている。
それはやはり、王族を持たないから、だと思う、これに尽きる。
日本人もメーガンが嫌いだけど、お金が好きなのが見えるし、皇室があるから許せない気持ちになるんだよね。
メーガンにも、アメリカ人にもわからない、、、ハリーはどうしてそこを教えてあげないんだろう。
はばあkーもアホやねーー(怒られるか・・笑)。
何度四っd根も、おかしいのはあの二人です。
、、、またやれ場いいプリアタンい、インタビュー。

デュバリー夫人

マリー・アントワネット関係の話が好きな人なら、このデュバリー夫人のことも知っているはず。
マリー・アントワネットの義理のお父さん、ルイ15世の愛人です。
マリー・アントワネットはこの人は個人的に嫌い、というよりは、マリーのお母さんもこういう「めかけ」が嫌いで、そんな中で育ったこともあって、ずっと無視してたんですよね。
でもとうとう、何かを話さなくては行けなくなって、
目を見ずに「今日も混んでいること、、」とか言ってごまかしたんです。
有名な話です。
でもこのデュバリー夫人貼っても優しくて、愛嬌もあって、他の男性からも好かれていたそうです。
愛人というのも、この時代なら当たり前、、、かもしれないしね。
誇り高いマリー・アントワネットならでは、なのかも?

このデュバリー夫人は絞首台に運ばれるときに、民衆や周りの人に向かって泣きじゃくりながら命乞いをしたと言われています。
誇り高くない、、、と言えばそれ魔ですが、もし誰もがこんな風に命乞いをしていたらギロチンはもっと早くなくなっただろう、、、とも言われています。
あんな恐怖はないでしょうよねー。

同じコーヒー豆でも

同じコーヒー豆でも、弾き方とか、コーヒーを入れるタイミング、温度、入れる長さ(短さ?)でアジってくるの知ってました?
なんでもドリップで沸騰したお湯をかけてましたわ。
それでも美味しいコーヒー豆なら間違いなく美味しいんですけどね。
知り合いは、焙煎の仕方から、入れ方まですごく熱心に研究してました。
趣味の域を超えてます。
でもその人の入れてくれるコーヒーは美味しいので、何も言わず、ただ褒める。
何かいうこともないですよね、喜んで入れてくれて、美味しい。
そしたら褒める、、これだけです。
シンプルでいいですわーー。
真似したいけど、私はドリップ式が好き(というか、これしかできない)だから、
コーヒー豆はお店で弾いてもらうし、その日のお勧めを買うくらいです。
ドリップは簡単なようですが本当は熟練した腕があったほうがいいんですって。
また機会があったら勉強でもしますわ。
今は、自分で入れたのでも美味しいって感じるからそれでいいのだーー。

ドライバーにも種類がある

ネジを締めるときに便利な電動ドライバーですが、あれにも種類があるんですねー。
大きく分けて2つあって、強力なのと、そうでもないもの、です。
何にネジを締めるのか、などによって変わるらしい。
力の強い方がいいんじゃないの?って思うけど、柔らかいものにネジ締めをするときは、その素材が破壊されて英舞うんですって。
だから、なんでも強ければいい、ってものでもないらしい。
難しんだねーー。
ホームセンターの人に聞くと教えてくれるけど、混んでる週末な度よりも、平日の方がいいよ。
自分の家にドライバーがあるかどうかも知らないって人もいるけど、案外、、ない。
ある家の方が少ないでしょ、でも、ないと思っててもあったりもする。
お父さんが昔使ってた、、とかね。
納戸とかある人はそこを見るといいね。
さて、そんな感じでドライバー1つ取っても難しんだけど、
何をしたいか、をホームセンタで聞くといいニオだ。
私はそうしてます。

成功とは?

「成功しなくちゃ!」「成功したら・・」っていうけど、何を持って「成功」というのか。
ある人は「お金」、またある人は「結婚」、または「名声」かもしれない。
成功って目に見えるものかな、、とも思う。
その人が成功していると思えば成功だし、してないと思えばそれは成功してないんでしょうね。

知り合いははっきりと「成功はお金」って言ってました。
その後どうなったのか知らないけど、お金が手にはいいたら「成功」だとしたら、もうそこで終わり。
そのあとはことはどうするの?
成功したらこうしたい、、ってものがあったらいいんだけどね。
成功か、、、毎日が成功してる、って思えたらいいのよね、それは、健康に生きること。
それがなかったら、その上での「成功」ってないでしょ?

毎日毎日、健やかに生きることができたらそれは成功なのですよー、、そう思えば楽になれませんか?
成功まで続けたらいつか成功しますよ。
すごく乱暴な言い方だけど!
ということで、今日も成功を目指します!

庭がすごい!

あるタレントさんが「庭にこんなものが!」って、ちょっとしたことを見せたいがために庭を写メしてSNSでアップしてて、、それを見ると「うわ!こんな素敵な庭の家に住んでるの?」ってなりました。
当然なのかもですが、、、やっぱりテレビに出てて売れてる人ってのはすごいんですねーー。
一戸建てっぽかったし、都内の中心部っぽくて。
すごいですーー。
手入れは庭師がやるんだろうし、、、あんな庭を見ながら行きてるなんて、そりゃ仕事もやりがいがあろうってものですわ。
そういうことでもある運だよね、いい家に住んで、いい服を着て、、っていうのは。
それで仕事頑張ろうってなれるし、そういう環境がその仕事を作っている、とも言えるのだ。
家がだらしないと、仕事にもそれは出ますよねーー。
気をつけなくちゃ。
いつも家の中は綺麗(にしてるつもり)だけど、仕事にそういうのが出てるかな?
だらしない生活はしてない(つもり)だから、大丈夫だと思うけど。
庭はあまり手入れができてないなーー、、、写メもしないけどねーー。笑

ヒガシ

ジャニーズの(今でもジャニーズだよね??確か)東山さん、といえば、彼ですよ。
わかりますよね。
木村佳乃さんの旦那さんでもあります。
お二人の間には、二人の子供がいますが、ヒガシも積極的に子育てを助けているようです。
すごいよねーー、そう言う時代だ。。アイドルが子育て。
それを公にする時代。
写真もどうしても出ちゃうみたいです(見たことはないけど)。
木村いよしのさんはバラエティにも出てましたが、そこでも体当たり。
他の芸人さんが嫉妬するほど視聴者にも受けてるし、現場ではスタッフから手厚いケアを受けているとか。
でも嫉妬でいじめられるとかもなく、「おいおいなんだよ!こっちもちゃんとぬってエアしろよ!」ってスタッフが怒られる、当たり前の図。
(嫉妬すると、木村さんに当たるでしょ、、そう言うことはないの。木村さんが良い人だから、って解釈してます)
さてヒガシさん、、そんなバラエティで活躍する大女優を奥さんにもち、子育てもする、でも、、格好いい。
仕事も順調のようで、、、羨ましい限りだーーーー!
そんな旦那さん欲しいよねーー。笑

殺人事件のドラマ

刑事物とか警察物は、当然(?)殺人事件を扱うようなドラマになりがち。
ちょっとそういうのを見てて思うのですが、何が楽しくてこういうドラマを見てしまうのだろう、と。
私は人が見ているので見ていただけで、進んでみようとは思わないタイプ。
殺人事件が起こって、それを解決してく、っての多いでしょ?
考えてみたらシャーロック・ホームズとかポアロもそうだ。
推理小説みたいなもの、、というか、そのものか。
最後は「正義が勝つ!」神谷なのがお決まりなんだけどね。
つまり、犯人は捕まって刑に処する、、みたいな。
あ、遠山のキンさんもそんな感じ?(みてないけど0
その過程を楽しんでる、というわけですねきっと。
殺人事件だから人が死ぬわけだけど、あの役をやる俳優さんも大変ですよねーー、、、
「あなたはまだ死んでない」って監督さんに言われる人もいるんだって。
いかにし人に見せつか、、だけど、動かなきゃい、でもないらしい。
すごい世界だ。。
やりたいと思います?死人の役。。
それよりもホームズの方が格好いいよねーー。

写真

スマホに入ってる写真、みなさんどうしてます?
定期的に整理してますか?
なかなか整理しにくいですよね、あれって(私だけ?)。
USBなどにまとめて入れても、結局は整理してないからどこに何が入っているのかわからない。
わからなくなります。
なんとかして整理したいのですが時間がなくて、、でもやらなくちゃって思ってます。
写真は大事ですしね、、思い出のものですし。
どうでもいいのはどうでもいいのです、そうじゃないものを整理、です。
整理整頓は好きだけど、写真になると、即にスマホなど気軽にとれてしまうものに関してはその気軽さから、
逆に整理しなくなってしまう、、困ったものだ。
あまり写真を撮るのはやめようと思う。
って、、、周りがいっぱい取ってるとなんだか自分も取らなくちゃ、ってなってしまいますがね。
友人はグーグルフォトに入れているって言ってました、それもせいろしたことにはならないけど、
スマホからは一旦消すことができるのでいいかも。
こんなに写真を撮るようになったのもスマホのおかげですが、用途はインスタなど、
(私からしたら)くだらないものだ、、、どうなっているのだ世の中は(!)。
写真ばかり取らず、現実をちゃんと取ろう!
そうなのだ、写真を撮る毎日なんてつまらないのだ。

シンガポールばんざい

もともと、シンガポールは好きで良く言っていたというのもあるけど、シンガポール、またやってくれましたよ。
シンガポールでは、今、子供が生まれると一時金がmぉらえるようです。
コロナの影響もあって、子供を作る、産む、ということを躊躇する人たちが増えたようで。
それって悲しい事ですからねー、シンガポールもやるなーー。

いくらなのか、などは知らないのですが、少しでも頂けたら嬉しいものですよね。
(あんがい、多いんじゃないかって噂です)
これは誰にでも当てはまることなのか、も分かってないです。
例えば日本人同士のカップルに子供が出来てももらえるか、とかね。
(もらえそう。太っ腹だし)
とにかく、こういうことがあったら是非日本も真似してもらいたい。
でも、それをしないのが日本、、、悲しいーー。
日本だって、お子さんが増えなかったら将来はないのだ。
今躊躇して、子供の数が減ったら困るのは日本なのだ。
まったく、、、どうかしてるぞ!!!

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク